| EN |

川島清 水量―樹のプラズマ
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2017年 10月 28日

〈参考図版〉「水量-円柱・熱変」 1989/2012-2013 木、鉄、鉛、油土、ニス、LPボンベ 66.5×85×316cm 撮影:椎木静寧

川島清(b.1951)は1986-88年にAsian Cultural Council の助成を受けて渡米。P.S.1プロジェクト(ニューヨーク)に参加。1993年に「川島清 内層の視点-Observation」いわき市立美術館、「90年代の日本-13人のアーティストたちの提言」ローマ市立フォルクローレ美術館、デュッセルドルフ美術館、2000年「ART TODAY 2000-3つの回顧から」セゾン現代美術館に出品。昨年は川越市立美術館、いわき市立美術館において大規模な個展が開催され、それ以降も個展を中心に精力的に発表しています。
鉄、鉛、木、石膏などの重厚な素材を用いて構成される川島の作品は、身体を通して紡ぎだされる言葉とともに構築された空間が提示されます。今回の展示は当画廊移転後の新しいスペースにおいて初めての彫刻展となります。

http://g-tokyohumanite.jp/exhibitions/2017/1027.html

全文提供:ギャルリー東京ユマニテ


会期:2017年10月27日(金) 〜 2017年11月27日(月)
時間:10:30-18:30
休日:日曜祝日
会場:ギャルリー東京ユマニテ

最終更新 2017年 11月 19日
 

関連情報


| EN |